おじいさんがパソコンで不動産一括査定している様子

不動産の売却は、日常生活で頻繁にあることではないので、いざ自分がその立場にたってみると分からないことも多いですよね。誰だって初めてのことは不安がつきものです。

不動産を売却するには、まずはどのくらいで売れるのだろうかという「査定」が必要。でも、「どこに依頼したらいいの?」という入口で悩んでしまうこともあるかもしれません。なかなか第一歩が踏み出せないこともあります。

そこでちょっと気になるのが最近よく耳にする「不動産一括査定サイト」。不動産売却を考えている多くの人が利用しているとか・・・。

こんにちは。不動産を売るなら、少しでも高く売りたいと常に「お得情報」を考えている自称節約家の近藤です(笑)

この管理人さんのサイト見ていると、もしかすると、不動産の価格はここが天井なのかも知れません。
マンションを売るにはコツが必要
不動産鑑定士さんも

今回は、そんな「不動産一括査定サイトの比較」について、不動産一括査定のシステムも交えてご紹介していきます。参考になれば幸いです。

最近良く聞く不動産一括査定サイトって何なの?

不動産一括査定サイトを利用するおじさん
不動産を売却しようと考えた時には、まずインターネット上であれこれリサーチするものです。そこでよく見かけるのが「不動産一括査定サイト」。なんだか、ネーミングからして「便利そう」な感じがしますよね。

まずは、不動産一括査定サイトが何なんなのか?についてお話していきたいと思います。

簡単に言えば、「一括であちこちの不動産会社から査定をしてもらえる」というシステム。「これは利用しない手はない!」と思えるほど便利そうに聞こえますね。

インターネットで不動産会社HPをいくつか見ていると、「無料で査定」という文言を見かけることもありますが、何社もの不動産会社に依頼するとなるとそれぞれに依頼することが必要です。

例えば、「10社に依頼してみよう」と思えば、査定依頼は10社への連絡が必要なんです。かなり面倒ですよね・・・。

しかし、不動産一括査定サイトは、サイトがその面倒さを引き受けてくれます。つまり、利用者である私達は「不動産一括査定サイト」へ不動産情報を一回入力するだけでOK。

あとは、サイトが経由してそれぞれの不動産会社に情報を送って査定依頼をしてくれるんです。

「一括」で複数の不動産会社へ査定依頼できるシステムはかなり魅力的です。

どうして、ネットで不動産一括査定サイトを利用してから不動産を売却する人が多いのか?

不動産売却をする時に「失敗したくない」と考えるのは当然のこと。自分の大切な資産を売るのですから、安く売りたいはずがありません。

とはいえ、不動産売却が初心者であったりすると慣れていないことから、不動産会社選びを失敗してしまう可能性があるんです。

実は、不動産の査定は業者によって査定額が異なります。中には数百万円もの開きがあるケースも・・・。できることなら高く売りたいものです。

そのためには、複数の不動産業者の査定額を比較することが大事

そこで、一括で査定できる「不動産一括査定サイト」を利用する方が多くなってきているのです。



不動産一括査定サイトの唯一のデメリットとは?

不動産業者から電話が来ている様子

簡単なうえに便利で使いやすい不動産一括査定サイトですが、デメリットはあるのでしょうか?

「便利だから」という理由で利用するのもいいのですが、「なんか思っていたのと違う・・・」という結果にならないためには、初めにデメリットも知っておくことが大切です。

不動産一括査定サイトでは、先ほどもお話したようなメリットが多いです。

そんな中、唯一のデメリットと言えるのが「不動産会社からの電話」です。

「不動産を売る前に金額が知りたかった」というように単に金額を知りたかったような場合には、多くの会社からノンストップで電話がかかってくるのは本当に面倒と思えるかもしれません。

ただ、本当に「不動産売却を成功させたい」と思っているのであれば、電話や郵送などで不動産会社から連絡が来たら、それも比較点のひとつとして考えましょう。

電話は不動産会社の担当者と直接会話ができるチャンスです。何となく雰囲気が伝わってくると、おのずと「この会社に頼みたい」という一社が見つかることもあります。

不動産一括査定サイトを利用する上での注意点

一回の入力で複数の不動産会社からの査定額を受け取ることができて便利です。ただし、注意したい点もあります。

注意ポイント1:査定額は参考にとどめる

不動産一括査定サイトで入力する情報は、文字のみの情報源による査定額です。つまり、住所、築年数、面積、間取りといった表面上の数値をもとに周辺相場から参考の価格を割り出すのです。

そのため、一括査定で出た金額が必ずしも売却額になるわけではありません。査定額は最終的な着地点ではなく、まずは「いくらくらいなら売れるか」というだいたいの相場を知る上での参考としてとどめておくことをおすすめします。

注意ポイント2:簡易査定と訪問査定を知っておく

簡易査定と訪問査定のイメージ

「査定」と一括りに言いますが、簡易査定(机上査定)と訪問査定があります。

簡易査定は文字通り「簡易的」に査定したもの。オンライン上だけの情報で査定してもらう方法です。

ただ、不動産の価格というものは情報だけで査定できるものではありません。実際に現地を見ることによって、周辺の状態、建物の傷みなどにより不動産の価値は増減します。

そのため、初めに簡易査定をしたとしても、結局は訪問査定を行ってより精度の高い査定をしてもらう必要もあります。

「どのくらいの価値か相場を知りたい」というケースならば、簡易査定で依頼して相場感を掴むのがいいでしょう。そして、比較検討していくつかの不動産会社に訪問査定を依頼する流れでもいいと思います。

一方、「早く売却したい」と急いでいる場合であれば、簡易査定を省きいきなり訪問査定の依頼をして、少しでも早く売却を進めていくのもいいでしょう。

注意ポイント3:金額だけを比較しない

不動産業者2社が見積もりしている

簡易査定にしても訪問査定にしても複数の不動産会社を比較する時に、思わず金額ばかりに目がいってしまうこともあるかもしれません。確かに、「高く売りたい」と思えば当然のことですよね。

ただ、あまりにも金額だけに固執してしまうと、大事なことを見逃してしまう可能性もあります。査定額=売値ではありません。

中には、媒介契約を結んでほしいあまり他社に差をつけようと高めの査定額を提示してくる業者もいます。

すると一番高い査定額の業者に依頼したくなりますが、契約して売り出してから「値下げをした方が売りやすい」と簡単に値下げを提案してくることもあります。

また、相場からはずれたような高い査定額だった場合、そもそも購入希望者がなかなか現れないこともあります。

売主が高く売りたいのは当然のことですが、買主も安く購入したいと考えているのです。そのため、高すぎる査定額は敬遠されてしまい売却が長期にわたってしまう可能性も含んでいます。

最終的には値下げを繰り返して安い価格で売ってしまうこともあり、「時間がかかってストレスだった」という結果になることさえあります。



複数の業者を比較する時は、不動産会社担当者の誠実さ、真摯な対応、そして自分との相性といった査定額以外の部分も意識して比較してみてください。

初めに電話で話した時の印象、訪問査定で顔を合わせた時の表情なども比較の参考にしましょう。

そもそも不動産の売買は、進めていく上でものすごく難しい用語が出てきます。そんな時に一生懸命分かりやすく説明してくれる不動産会社の担当者がいたら、安心ですよね。

不動産の売却は、結局は「人間と人間」が関わるもの。購入希望者が現れた時に「この担当者から購入したい」と思わせる話術を持つような担当者、そして売主側が「この人に任せてみたい」と思える頼りがいのある担当者も選びたいものです。

注意ポイント4:査定の依頼は多くし過ぎない

とにかくたくさんの不動産会社を比較したい。

そんな気持ちから、多めの不動産会社から査定を受けようとする方も多いかもしれません。「失敗したくない」という気持ちを持っていれば当然のことですよね。

でも、デメリットでもある「電話攻撃が面倒」と感じる方は、あまり査定依頼を多くし過ぎない方がいいかもしれません。

営業の電話がかかってきた時には、不動産会社の数が多いほど対応が面倒に感じられます。

自分で対応できる範囲に査定依頼するといいかもしれませんね。

不動産一括査定サイトは本当に無料なのか?

このように不動産を売却したい人の心強い味方となってくれる不動産一括査定サイトですが、無料で利用できるのでしょうか。

はい。不動産一括査定サイトは「無料」で利用できます。

でも、サイトを運営するには運営費用がかかっているでしょうから、少し疑問に思ってしまいますよね。

実は、不動産一括査定サイトの場合、登録している不動産会社から「掲載料」という名目でお金をもらっています

不動産会社にしてみれば、このサイトに登録しておけばお客様からのアクションが受けられるので、広告の役割を果たしているわけです。

査定依頼をしたお客様一人について○○円というような形となっているのが一般的なようで、運営サイトは利用者に対しては「無料」という形でサービスを展開していけるのです。

不動産一括査定の匿名性は大丈夫なのか?

若い男性が不動産一括査定に個人情報を入力している

「自分の不動産がいくらか知りたい」と無料で気軽に利用できるイメージがあります。

ただ、一般的な不動産一括査定サイトは匿名での利用はできません。なぜなら不動産会社側にしてみれば、査定から契約に結び付けたいからです。そのため住所や電話番号の情報源が欲しいのです。

中には、匿名で査定できるサイトもあるようですが、匿名では必要最小限の情報でしか査定額が出ないので、本当に売却したい気持ちがある人には不向きと言えます。

不動産一括査定サイトを評判から徹底比較

ひとくくりに不動産一括査定サイトと言いますが、

  • 「いったいどのサイトがいいの?」
  • 「評判のいいところはどこ?」

と気になる方も多いでしょう。

そこで、ここでは評判のよいおススメのサイトについていくつかご紹介していきます。

まとめ

不動産一括査定サイトはとても便利なシステムです。「まずは査定額の相場を知りたい」と考えている人にも売却の入り口としての利用ができます。また、不動産の売却を本気で考えている人にとっても、依頼する業者を見極めるうえで有効な手段です。

不動産一括査定サイトの特徴を知った上で、サイトを上手に利用し、不動産売却を成功させたいものですね。



WEB参照:マンションを売る

更新日:

Copyright© 不動産一括査定サイトを徹底比較 || 完全版 2017 , 2017 AllRights Reserved.